お役立ちコラム 骨董品の買取相場はいくら?適正査定で損せずに買取してもらう!

骨董品の買取相場はいくら?適正査定で損せずに買取してもらう!

骨董品の価値は作者が実力のある芸術家であるか、何年前の作品であるかを判断するために、美術品に関する知識や状態を見分ける鑑識眼が必要となります。そのため一般の方が価値を判断することは非常に難しいです。

骨董品の買取価格を調べるためには、専門的な知識を持った鑑定士が在籍する骨董品買取業者に査定を依頼しましょう。

けれども業者によっては骨董品が持つ価値に相応しくない低価格な金額を提示し、安値で引き取られてしまう場合があります。

骨董品の買取で損をしないためにも、買取相場の調べ方や適正価格で買い取ってくれる業者の選び方を知っておきましょう。

 

骨董品の買取相場はどうやって調べる?

電卓と折れ線グラフ

骨董品の買取相場をあらかじめ知っておくことで、安く買い取ろうとする業者へ売却してしまうことを防止できます。

一番簡単な方法はインターネットで買取価格、落札価格を検索する方法ですが、オークションサイトで似たような作品が出品されていたとしても、ご自身が持っている作品の真贋までは判断できかねます。

ネットオークションでの買取相場を伝えることで鑑定士と交渉することもできますが、ネットオークションで出品されている物が真作であるとは言い切れないため交渉が成功する確立は低いです。

加えて、骨董品の買取価格は保存状態や需要によって価格が大きく変動します。運搬にかかる人件費や保管にかかる経費なども業者によって異なりますので、ネットで調べた買取相場通りの結果がもらえるとは限らないのです。

確かな買取相場を調べるためには、お住まいの都道府県内にある骨董品業者に相見積もりを依頼することが有効となります。

遠方の有名な老舗に依頼するよりも、自宅から近い店舗に査定を依頼するほうが骨董品を運ぶ交通費、運送費を抑えることができます。

 

骨董品の相場は時期で変化する

古い鎧兜

食べ物や洋服のように、骨董品にも時期によって需要が高まるものがあります。

例えば日本刀や甲冑などは、ハリウッド映画で侍を主人公にした映画が公開されたことからネットオークションや骨董品屋で武具を探し求める外国人が急増しました。

需要が高い時期に売ることで通常よりも高い金額で買い取ってもらえる可能性が高まります。

作家物、真作なのに思うような査定結果が貰えなかった骨董品は買取価格が高騰するのを待ってみるのも良いかもしれません。

また反対に、買取価格が高騰している間に売却しないとどんどん価格が下がり損をしてしまう場合もあるため、骨董品を売却するタイミングを見極めることは非常に重要です。

 

高く売れやすい骨董品の特徴は?

お金に囲まれた壷

骨董品買取事例の中でも、時期に関わらず高い査定結果が算出されている物の特徴は以下の通りです。

 

希少性が高い物

骨董品の基準は製造されてから100年以上が経過しているかどうかで判断されます。

古ければ古いほど現代では手に入らない物として希少価値が高まり、買取価格も上昇します。

食器や衣類のように、元々の流通数が多い物は製造から長い時間が経過していても値段が付かないことが多いです。

 

時代を感じることができる物

製造から100年以上経過している古物でなくても、古き良き昭和の時代を感じることができるような家電や雑貨はアンティーク品として高く買い取られることがあります。

例えば足踏みミシンはインテリアとしてだけでなく、実際に使用することもできるため非常に人気が高い骨董品です。

動かない物で3,000円~5,000円、動作確認がとれる物は1万円~2万円前後で買い取られます。

 

品種別の買取相場まとめ

白地に灰色の模様が入った花瓶

骨董品買取の中でも特に査定依頼が多い品種の買取相場をまとめてみました。

 

陶磁器

陶磁器は縄文時代から日本で制作されており、流通している数が最も多い骨董品です。最近では海外から日本へ買い付けに来る方も多く、需要が高いことから著名作家による作品であれば3万円以上の価格が付くことがります。

一番種類の多い茶器だけでなく、花瓶、皿、壺など様々な形の陶磁器が存在します。

 

絵画

絵画とは油絵だけでなく、水彩画、日本画など様々なジャンルがあります。素人や無名の作家が描いたものは値段が付かないことがありますが、有名な画家が描いたものであれば1万円以上の買取価格が算出されることがります。

 

茶道具

茶道具はもちろん、急須、茶入れなども査定対象になります。単品の場合は1万円以下の値段しか付きませんが、茶道に必要な釜や柄杓なども揃っていればさらに買取価格は上がります。有名な茶道家の道具であれば10万円を超えることもあります。

 

掛け軸

掛け軸は動物画や人物画、書画、仏画などあらゆるモチーフを描いた物が存在しており、作家も多いため査定が難しい品種です。

作家名が判明しているも物であれば2,000円〜3,000円程度の買取価格が算出されやすいですが、著名な作家の物であれば2万円を超える場合があります。

 

中国美術品

中国美術品も最近需要が高まってきた骨董品の一つです。

陶磁器や仏像、書道具、壺などが挙げられます。

富裕層の中国人の間で買い戻しが流行していることから段々と中古市場でも需要が高まっています。

現在では1949年以前に制作された文化財は海外への持ち出しを禁止されているため、国内に残った中国美術品の買取相場は5万円以上と非常に高額です。

 

適正な査定をしてくれる業者の特徴は?

A社かB社を選択する指

上記で述べた買取相場に近い金額を提示してくれる業者を選ぶためには、どのような特徴に注目すればよいのでしょうか。

 

買取実績が多い

買取実績が多い業者は、多くの査定経験を利用者の信頼を得ている証拠になりますので事前にホームページから確認してみましょう。

注意しておきたいポイントとして、創業が古ければ古いほど実力のある業者だとは一概に言えないことを心に留めておいてください。

長く経営しているのであればかなりの鑑定経験を積んでいるように考えてしまいますが、実際に査定を担当する鑑定士が熟練の者とは限らないからです。

 

販売経路を複数所有している

買取された骨董品は国内外の様々な販売経路で売買されます。この販売経路を複数所有している会社は、骨董品販売での利益を多く得ていると判断できるため、高く買い取ってもらえる可能性が高いです。

 

即日現金買取を行っている

骨董品の買取査定により百万円単位の金額が算出された場合、即時現金で支払ってくれる業者は潤沢な資金を保有している証だと言えます。

逆に即時現金支払いをしていない企業は資金力が小さい可能性があり、適正価格で買い取ってもらえない、あるいは後日振り込みをすると約束して連絡がとれなくなってしまう場合があります。

安心して任せられる買取査定を利用するためには、即時現金支払いをしてくれる業者であるかどうかも判断の材料にしましょう。

 

まとめ

骨董品の適正価格を判断することは非常に難しいです。インターネットで似たような作品が高額で取引されていたから同じ金額で売れるだろうと持ち込むと、値段が付かない古物と鑑定されたり、反対にただのガラクタだろうと思って査定した物に思わぬ価値が眠っていたことが判明したりする場合も少なくありません。

ですので、骨董品を売却する際は思い付きで買取査定に出すのではなく、相見積もりなどで現時点での相場を確認してから一番高い買取価格を提示してくれる業者に売ることが適切でしょう。

ご家族やご自身が大切にしていた骨董品を心残りなく手放せるよう、下調べは入念に行ってください。

骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍 骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍

こんな物でもまずは相談ください!

  • 作者不明
  • 年代不明
  • ヒビ割れあり
  • 汚れあり
  • 箱書なし
  • 鑑定書なし

骨董品をいざ売りたいと思っても、上記のような理由から鑑定を悩まれている方も多いと思います。当社なら高度な鑑定スキルで幅広いお品物の鑑定ができますので、まずは一度ご相談ください。

骨董品買取プログレスでは「上記のような骨董品」でも
無料査定させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

電話番号 0120-149-059 年中無休 受付時間 8:00-20:00 メールでお問い合わせ 24時間・365日受付

- 24時間・365日 日本全国対応 -

買取対応品目 一覧

出張対応エリア一覧

  • 【 北海道・東北エリア 】
    • 北海道 |
    • 青森県 |
    • 秋田県 |
    • 岩手県 |
    • 山形県 |
    • 宮城県 |
    • 福島県
  • 【 関東エリア 】
  • 【 中部エリア 】
  • 【 中国エリア 】
    • 島根県 |
    • 鳥取県 |
    • 岡山県 |
    • 広島県 |
    • 山口県 |
  • 【 近畿エリア 】
  • 【 四国エリア 】
    • 徳島県 |
    • 香川県 |
    • 愛媛県 |
    • 高知県 |
  • 【 九州・沖縄エリア 】
    • 福岡県 |
    • 長崎県 |
    • 大分県 |
    • 佐賀県 |
    • 熊本県 |
    • 宮崎県 |
    • 鹿児島県 |
    • 沖縄県