お役立ちコラム 骨董品の種類はどれくらいある?どんなものが骨董品なのか徹底解説!

骨董品の種類はどれくらいある?どんなものが骨董品なのか徹底解説!

骨董品と耳にすると、皆様はどのような物を想像されますか?

壺や彫刻だけでなく、骨董品の種類は様々な物が存在します。ガラクタだろうと思っていた物も、鑑定を行うことで歴史的資料として非常に価値が高い作品であることが判明する場合もあるのです。

今回は骨董品の種類や、どのような物が骨董品に当てはまるのかについてご説明いたします。

 

骨董品の定義とは?

共箱と茶碗

一般的に骨董品という言葉を聞いて想像されるのは、陶磁器や絵画でしょう。絵画や陶磁器の他にも、おおむね数十年前に作られた物は骨董品と呼ばれます。

正確には100年以上が経過し、作品に破損がなく、美術的な価値がある作品をまとめて骨董品と呼びます。100年という期間は1934年にアメリカによって制定された通商関税法にて、「製造から100年を経過した手工芸品・工芸品・美術品を骨董品とする」と定義づけられました。 けれども現代では数十年前に生産された美術的価値、歴史的価値がある物全般を骨董品と呼ぶことが一般的になっています。

 

アンティークと骨董品の違いは?

黄色いティーセット

古いランプや家具、食器に使われるアンティークという言葉はフランス語で「骨董品」という意味です。古美術品や歴史的な価値がある物だけでなく、劣化によってより味のある色合いを持った物も指すことがあります。

ヨーロッパ風の古い家具や雑貨をアンティーク、その他の歴史的な価値がある物を古美術品と使い分けることが一般的になっています。

また、洋服や鞄にヴィンテージという言葉を使いますが、ヴィンテージは骨董品やアンティークの定義よりも新しい1950年代~70年代に製造された物に対して使うことが多いです。

 

骨董品の種類

赤い背景と壷

それでは、骨董品として鑑定対象になっていることが多い美術品、道具についてご紹介いたします。

 

絵画

骨董品と聞いて多くの方が連想されるのが絵画ではないでしょうか。西洋画や日本画、水墨画、中国画が当てはまります。

非常に精巧に作られた贋作も多く存在するため、鑑定士に鑑定を依頼し、真贋を判定してもらう必要があります。

 

陶磁器

陶磁器とは陶器や磁器の総称です。茶碗や皿、壺、香炉などがあります。土や粘土を練って釉薬を塗り、釜の中で焼くことで唯一無二の色合い、艶が生まれます。

陶磁器は古くから褒美として与えられた物を家宝として保管していた方が多いため現存数が多く、真贋を含めて膨大な量の陶磁器が骨董品市場で流通しています。

 

象牙

象牙を彫って作られた工芸品や美術品も骨董品に当てはまります。

象牙は加工がしやすく、美しい乳白色をしているため古くから象牙を素材にした美術品が作られていました。

現在は象の絶滅のおそれがあるため狩猟、輸入が禁止されており、希少性が高まっている骨董品の一つです。

 

茶道具

茶道に使う道具である茶道具も骨董品として人気を集めています。

茶器だけでなく、水差しや柄杓、香を入れる香合、茶棚など、茶道に関する様々な物が対象になります。粘土の質や釜の温度を変えることで、個性ある作品を製作することができます。

日本の伝統文化が他にもある中で茶道具が人気を集めている理由ですが、茶道具は鎌倉時代から親しまれている儀式の道具であり、歴史的な資料となることがあるからです。

 

人形

購入価格がどれほど高くても、最新の技術を使用して部品を大量生産することができる近代の人形は、骨董品としての価値が無いと判断されることが多いです。

ですが、有名作家が手がけた人形や芸術家による創作人形は高い価値が付くことがあります。

さらに、19世紀のヨーロッパで流行した陶磁器製のビスクドールがコレクターに人気を集めています。

また、装飾に金箔や珊瑚が使用されている人形も骨董品としての価値が期待できます。

 

彫刻、ブロンズ像

木や大理石、金などを彫り刻んで形作られた像や、青銅で作られたブロンズ像も骨董品に当てはまります。

青銅は時間が経つに連れてサビが生まれますが、サビによって変化する色合いもブロンズ像が持つ特徴として親しまれています。

人気作家が手がけた像だけでなく、象牙や大理石など、素材そのものが高価な物であれば価値は非常に高くなります。

 

おもちゃ

明治時代から昭和にかけて作られたブリキやセルロイド製のおもちゃは骨董品として取り引きされます。

昭和にウルトラマンや怪獣のソフビ人形を販売していたブルマァク社の製品もコレクターからの需要が高く、昭和レトロを感じる骨董品として取り引きが行われています。

ただし、人気がある品は模造品も流通しています。

模造品を愛好しているコレクターも存在しますので、模造品であることを伝えてネットオークションなどに出せば引き取り手が現われる場合もあります。

 

根付(ねつけ)

根付とは、現代のキーホルダーのようなものです。巾着や印籠に根付をつけ、帯からぶら下げて携帯していました。

おしゃれとして、江戸後期には非常に流行したと言われています。

根付の素材は象牙、イノシシの牙、鹿の角、骨、漆、琥珀、珊瑚など、様々な物が用いられており、モチーフも動物や花など、多種類の物が存在します。

小さいため保管がしやすく、手頃な価格から手に入る骨董品の一つです。

 

古い物であれば全部骨董品になる?

ブリキのおもちゃ

古い年代に製造された物が全て骨董品になるわけではなく、その時代に大量生産された物、鑑賞用や実用品など、現代で用途がない物はただの古物として判断されます。

つまりいくら大切に保管していた雑貨や着物でも、後世に受け継がれる価値がないと判断された場合は骨董品として扱われなくなるのです。

ただし大量生産されていた物でも、年月の経過で焼失、紛失によって現存数が非常に少ない物は高い価値がつけられる場合があります。

他にも、製造から100年未満しか経過していない昭和に製造されたおもちゃ、鉄瓶、家具なども骨董品の定義を満たしていませんが、昭和レトロ感を楽しむことができる骨董品として扱われることがあります。

骨董品の定義を満たしていない物や、有名作家による作品ではない物を目利きするためには、作成当時の時代背景や骨董品市場の流通数を把握しておかなければ正確な価値を見極めることができません。

ですので、価値が分からない骨董品が出てきたときは豊富な専門的知識や鑑定経験を持った鑑定士に見てもらうことが重要になるのです。

 

使用済みの骨董品でも価値はある?

茶道具

使用済みの茶器、皿なども骨董品として扱われるのでしょうか。

使用した茶道具や花瓶でも、有名作家による名品や歴史的資料となる作品であれば骨董品として判断されます。ご自宅に心当たりのあるお皿や茶器をお持ちの場合は、使用済みでも一度鑑定を依頼してみることがおすすめです。

昔使ったことがあるからと、綺麗に洗剤や水で洗い直す必要はありません。水や洗剤が付着すると塗膜や木目が傷んでしまう可能性があります。どうしても汚れが気になる場合は、柔らかい布で優しく拭う程度に留めておきましょう。

 

まとめ

今回ご紹介した美術品の他にも、切手やメダル、民芸品などあらゆる物が骨董品として流通しています。

骨董品に当てはまるか分からない物も、査定をすることによって新たな価値が判明し、骨董品として扱われることがあります。

意外にも普段部屋に飾っている品物が価値のある骨董品だと判明することも少なくありません。お手持ちの美術品が骨董品に当てはまるのかどうかを確認するときは、鑑定士に直接依頼するか、骨董品買取業者の査定サービスを利用してみましょう。

骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍 骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍

こんな物でもまずは相談ください!

  • 作者不明
  • 年代不明
  • ヒビ割れあり
  • 汚れあり
  • 箱書なし
  • 鑑定書なし

骨董品をいざ売りたいと思っても、上記のような理由から鑑定を悩まれている方も多いと思います。当社なら高度な鑑定スキルで幅広いお品物の鑑定ができますので、まずは一度ご相談ください。

骨董品買取プログレスでは「上記のような骨董品」でも
無料査定させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

電話番号 0120-149-059 年中無休 受付時間 8:00-20:00 メールでお問い合わせ 24時間・365日受付

- 24時間・365日 日本全国対応 -

買取対応品目 一覧

出張対応エリア一覧

  • 【 北海道・東北エリア 】
    • 北海道 |
    • 青森県 |
    • 秋田県 |
    • 岩手県 |
    • 山形県 |
    • 宮城県 |
    • 福島県
  • 【 関東エリア 】
  • 【 中部エリア 】
  • 【 中国エリア 】
    • 島根県 |
    • 鳥取県 |
    • 岡山県 |
    • 広島県 |
    • 山口県 |
  • 【 近畿エリア 】
  • 【 四国エリア 】
    • 徳島県 |
    • 香川県 |
    • 愛媛県 |
    • 高知県 |
  • 【 九州・沖縄エリア 】
    • 福岡県 |
    • 長崎県 |
    • 大分県 |
    • 佐賀県 |
    • 熊本県 |
    • 宮崎県 |
    • 鹿児島県 |
    • 沖縄県