お役立ちコラム 骨董品を処分するなら買取がおすすめ!損しない売り方のコツ

骨董品を処分するなら買取がおすすめ!損しない売り方のコツ

私たちは相続や贈与などで骨董品を所有する場合があります。骨董品が好きな人にはとても嬉しく価値のあることですが、興味のない人には場所をとってしまう、ただの不要なものかもしれません。このコラムでは自分にとっては不要な骨董品を「どう処分するのが良いのか」、また「買取の際に損をしない売り方」についてご紹介します。

 

骨董品ってどんなものをいうの?

骨董品洋食器

骨董品には多くのジャンルが存在します。陶器や絵画、掛け軸、茶道具、家具や人形など様々です。しかし「骨董品」と呼べるものには定義があります。希少価値が高いものでなければいけません。具体的には「年代物」であることを前提に、さらに「作家物」「高価な素材」であればより価値は高くなります。
骨董品は海外ではアンティークと呼ばれており、1934年にアメリカ合衆国で制定された通商関税法に記載される内容には「製造された時点から100年を経過した手工芸品、工芸品、美術品」とあります。そしてこのアンティークには関税がかからないと明記されています。
WTO(世界貿易機関)でもこの定義が採用されており、日本もこの加盟国の1つです。加盟国間では100年以上前に製造されたものには関税がかかりません。
しかし日本国内での市場においては戦前のものか戦後のものかで、骨董品としての価値評価が変わる場合も多く、数十年前に製造されたものも含めて「骨董品」として扱われます。

 

不用な骨董品を手放すにはどんな方法がある?

骨董品整理

相続や贈与、遺族の遺品整理などで骨董品が自分の手元にやってくる場合があります。骨董品に興味のない人から見れば、それらは場所を取ってしまうただの不要なものかもしれません。
では骨董品を手放すにはどんな方法があるのでしょうか?
 

1:廃棄処分する

行政や廃品買取業者に依頼し、まとめて引き取ってもらう方法です。量や重さなどによってかかる費用が変わります。
 

2:買取してもらう

骨董品買取業者に買い取ってもらう方法です。無料査定を受けられるところも多く、骨董品それぞれに合った価格で買い取ってもらえます。

骨董品を手放すには上記2種類の方法がありますが、おすすめは断然『買取』です。次の章ではなぜ買取がおすすめなのかをご説明いたします。

 

『買取』をおすすめする理由

壺とお金

手元にある骨董品の数が多かったり、自分でそれらの価値が分からない場合には手っ取り早くまとめて廃品回収に出してしまいたくなる気持ちは分かります。しかし、それはとてももったいないことかもしれません。ここでは「買取」をおすすめする理由を3つご紹介します。
 

1:高い価値のものが混ざっている可能性がある

興味のない人からするとただ古いだけのものに見えて数千円でも欲しいと思わないような品であっても、然るべき機関で鑑定してもらうと実は百万円以上もする高い価値のものだったというケースは実際にあるのです。
最近は無料で査定してくれる業者も多くなっていますので、処分してしまう前に「とりあえず」くらいの軽い気持ちでも良いので依頼してみてください。
 

2:処分するにも費用がかかる

廃品回収や不用品回収でも廃棄処理費や運搬費として費用はかかります。
もしかすると高値で買い取ってもらえるかもしれないものを、お金を払って処分してもらうのはとてももったいないことだといえます。
 

3:意外と手間はかからない

「骨董品の買取」と聞くと「どれだけ重いものでも鑑定機関まで壊さないように注意しながら運ばなくてはいけない」など、手間がかかるイメージを持つ人も多いようですが、実際にはそこまでではありません。
数が多い場合には鑑定士が自宅まで訪問して鑑定・査定をしてくれるところもありますし、骨董品の写真を撮って送るだけで簡易査定をしてくれるところもあります。品物を郵送すれば鑑定・査定してくれるサービスなどもあるので、自分に合った方法で手軽に受けることができるのです。

廃品回収業者への依頼の手間を考えれば、同じくらいの労力で骨董品買取の専門業者に依頼でき、そのほうが断然お得だといえます。
買取依頼をして、所有する骨董品全てに価値が付くとは限りませんが、処分するしかない品も、買取される骨董品と合わせて引き取ってくれるところもありますので相談してみると良いでしょう。

 

骨董品を高価買取してもらうためのコツ

電卓を持つ人

せっかく骨董品を買取に出すのであれば、できる限り高く買い取ってほしいものですよね。この章では所有する骨董品をさらに高値で買い取ってもらえるためのコツをお伝えします。
 

1:鑑定書や共箱などの付属品を揃える

所有する骨董品に鑑定書や共箱、袋、説明書などが付いていた場合には、それら全てを揃えて買取に出しましょう。付属品はその骨董品が製造された年代や作者を記している場合もあり、その価値を証明するものでもあります。これらが欠けていると、その骨董品の価値が下がってしまうことになるのです。
 

2:保存状態に気を付ける

骨董品は保存状態の良し悪しで、その価値評価が大きく変わります。「破損」「傷」「汚れ」「色褪せ」などの劣化が少ないほど高値が付けられる可能性が出てきます。
骨董品はとてもデリケートです。温度や湿度の変化に影響を受けやすく、ひび割れ、カビ、シミなどの原因にもなります。風通しが良く、直射日光が当たらない場所で湿気に注意して保管してください。割れ物は地震などで落下した場合に壊れてしまうこともありますので注意しましょう。
 

3:自分での手入れは軽くに留める

骨董品の手入れは埃を軽く払う程度にしておきましょう。
汚れを落とすつもりが逆に汚れを広げてしまったり、破損の原因になることもあります。また骨董品の種類によっては少しの油分や水分でもシミやカビが発生することもあるのです。骨董品に触れるときには専用の布製手袋とマスクを着用するようにしましょう。
 

4:なるべく早く鑑定・査定に出す

きちんと管理し、保管していても経年による劣化は起こります。高い価値を付けたいなら、なるべく早く鑑定・査定に出すことが望ましいといえます。

 

買取業者の選び方

作業着男性

骨董品を高く買取してもらうためには業者選びも重要なポイントになります。
骨董品の価値を見極めるには高い目利き力が必要ですが、鑑定や査定を行う鑑定士の審美眼や経験による差も大きいのです。所有する骨董品の価値を正しく見極め、適正な価格を付けてくれる買取業者を見つけるためのコツを3つご紹介します。
 

1:売りたいものと同じジャンルの品物を多く扱う業者を探す

骨董品の買取業者には、それぞれ得意とする専門のジャンルや分野があります。専門のジャンルに特化しているため扱う品数も多く、骨董品の良し悪しを見る目も養われていると考えられます。その業者のホームページを見て、事前に「どのような骨董品を主に扱っているのか」などの傾向を確認しましょう。
 

2:複数の業者に相見積もりを依頼をする

複数の業者に査定を依頼し、その査定額を比較するようにしましょう。その中で最も高値を付けてくれたところを選ぶのが良いでしょう。
ただこのときに注意点があります。業者によっては査定料や出張訪問料、郵送の場合には返送手数料などがかかる場合もあります。査定依頼をする前にそれらの買取に関する費用が無料なのか、有料なのかを確認しておきましょう。
 

3:何点かある場合はまとめて買取に出す

買取に出す骨董品が1点のみの場合は安い評価額になったとしても、複数点になると他店よりも高く買い取ってくれる、というような業者もあります。複数点ある場合にはまとめて査定に出すのが良いでしょう。また茶道具や食器類などでセットになっているものなら、単体よりもセットでのほうが買取価格は高くなります。

 

まとめ

自分にとっては不要な骨董品も、このコラムでご紹介した方法を使い、賢く買取してもらえば高値で売れる可能性があるのです。
どうせ手放すのなら、その価値を理解し大切にしてくれる人の元へ届けてあげる気持ちでぜひ買取に出しましょう。

骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍 骨董品・美術品の高価買取なら骨董品買取プログレス 全国無料出張買取 経験豊富な鑑定士在籍

こんな物でもまずは相談ください!

  • 作者不明
  • 年代不明
  • ヒビ割れあり
  • 汚れあり
  • 箱書なし
  • 鑑定書なし

骨董品をいざ売りたいと思っても、上記のような理由から鑑定を悩まれている方も多いと思います。当社なら高度な鑑定スキルで幅広いお品物の鑑定ができますので、まずは一度ご相談ください。

骨董品買取プログレスでは「上記のような骨董品」でも
無料査定させていただきますので、お気軽にご連絡ください。

電話番号 0120-149-059 年中無休 受付時間 8:00-20:00 メールでお問い合わせ 24時間・365日受付

- 24時間・365日 日本全国対応 -

買取対応品目 一覧

出張対応エリア一覧

  • 【 北海道・東北エリア 】
    • 北海道 |
    • 青森県 |
    • 秋田県 |
    • 岩手県 |
    • 山形県 |
    • 宮城県 |
    • 福島県
  • 【 関東エリア 】
  • 【 中部エリア 】
  • 【 中国エリア 】
    • 島根県 |
    • 鳥取県 |
    • 岡山県 |
    • 広島県 |
    • 山口県 |
  • 【 近畿エリア 】
  • 【 四国エリア 】
    • 徳島県 |
    • 香川県 |
    • 愛媛県 |
    • 高知県 |
  • 【 九州・沖縄エリア 】
    • 福岡県 |
    • 長崎県 |
    • 大分県 |
    • 佐賀県 |
    • 熊本県 |
    • 宮崎県 |
    • 鹿児島県 |
    • 沖縄県